三密対策 | 守谷市口コミ上位のすみれ接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ブログの記事一覧

三密対策

2020.04.15 | Category: ブログ,交通事故施術,未分類,産後骨盤矯正,神経痛,肩こり,腰痛,骨盤矯正,EMS

まだまだ終息が見えない新型コロナウィルス・・・。

 

すみれ接骨院でも新型コロナウイルス感染防止対策を実施しながら、地域の方々の健康

促進や、怪我やお体の痛みの治療を行なっております。

 

患者様が安心して治療しに来ていただけるように「三密」対策を実施しております。

 

その①密閉:常時換気扇の使用と一日中ほぼ窓開放による換気。

その②密集:予約優先制、いっぺんに大勢の人が集まらないよう調整させていただいております。

 

その③密接:患者様同士も近距離にならないよう工夫してご案内しております。

 

 

患者様へお願い

お車でお越しの方は受付後、お車での待機をお願いする場合がございます。

 患者様一人一人の健康と安全を守る為、ご理解、協力の程お願い申し上げます。

テレワークで注意したい事

2020.04.15 | Category: ブログ,交通事故施術,未分類,産後骨盤矯正,神経痛,肩こり,腰痛,骨盤矯正,EMS

こんにちは、すみれ接骨院です。

 

 

当院の患者様の中でも新型コロナウィルスの影響で自宅でテレワークという方が多くなりました。

皆さまはいかがでしょうか?

通勤がなく楽になったと思ったのにいつも以上に肩が痛い、腰が痛いな・・・となってはいませんか?

実は当院では今、ギックリ腰や寝違え、頭痛を訴えてご来院される患者様が増えています。

しかもその方たちの半分以上はテレワークの方です。

 

 

会社に出勤すると、社内での移動など少なからず歩いたりしますが、

家の中だと歩いてもトイレや冷蔵庫くらいですよね・・・(笑)

ずっと座っているのは立っているときより2~3倍腰に負担がかかってしまいます。

 

そしてそして!!

テレワークによる運動不足を放っておくと、肩こりや腰痛を引き起こすだけではなく、

免疫力も落とすことになります。

 

しかし自宅で歩き回ったところで限界がありますよね、、、、

 

そこで、すみれ接骨院のyoutubeで自宅でできるエクササイズをチェックしていただきたいです!!

簡単にできるエクササイズで血流を良くし、免疫力も上げていきましょう!!

 

新型コロナ対策しています‼

2020.04.01 | Category: ブログ,交通事故施術,未分類,産後骨盤矯正,神経痛,肩こり,腰痛,骨盤矯正,EMS

すみれ接骨院です。

 

すみれ接骨院では、新型コロナウイルス感染の防止対策を実施しております。 

院内での感染症に対しての対策を徹底しておりますので、安心してご来院ください。

 

感染防止対策として下記をしております。

朝、昼、夕方で最低でも1日3回以上の院内換気の実施

出勤スタッフ全員に朝、昼の検温を実施の上、体調管理を徹底

(異常のあるスタッフはすぐに医療機関へ受診)

身近でコロナウイルス感染の疑いがあるスタッフは出勤停止

1日最低5回の手洗い、うがいを徹底

入手可能な範囲でマスク着用、手指消毒剤の使用

ドアノブ、施術に使用するベッドやマクラ等、各種機材を使用の度に消毒

 

スタッフの中には花粉症やぜんそく、アレルギーなどにより咳やくしゃみをしてしまうスタッフもおりますが、上記を徹底していますので安心してご来院ください。

 

念のため、ご来院されます患者様におきましても、受診前や受診後の手洗いやうがい、出来る範囲でのマスクの着用をお願いしております。

14日以内に新型コロナウイルス感染症の患者さんと濃厚接触があった方や外出されたあとから微熱や体調不良が1週間以上続いている方は、必ず事前に最寄りの保健所に相談の上、指示を受けてください。

 

 

ご理解、ご協力のほど宜しくお願い致します。

むち打ち症

2020.02.20 | Category: ブログ,交通事故施術

今日は交通事故により起こってしまう事が多い、むち打ち症についてです。

むちうち損傷とは 交通事故における頚椎の損傷機序のこと。 頚椎の急激な過伸展、過屈曲による障害であり、骨折と脱臼を除く頚部の筋肉・靭帯・神経・血管などのさまざまな損傷が考えられます。

臨床的には『頚椎捻挫型』『根症状型』『頚部交感神経型』『混合型』『脊髄症状型』に分類することが多いです。

 

今回は『頚椎捻挫型』について説明します。 頚椎捻挫型 むちうち損傷の軽度のもので、約80%を占めます。

胸鎖乳突筋、前斜角筋、僧帽筋、菱形筋、棘上筋、棘下筋、大胸筋などの損傷や椎間関節の捻挫による痛み、圧痛、運動時痛がみられます。 (「寝違え」の症状に似ています。) 感覚の異常や、頭痛、項部痛、上肢疲労脱力感などの不定愁訴を主体とします。 数ヶ月にわたり症状が持続することもあります。

上腕二頭筋長頭腱炎

2019.02.02 | Category: ブログ,交通事故施術,神経痛,肩こり

こんにちは!和田です!

今回は上腕二頭筋長頭腱炎について書いていきます!

症状

上腕二頭筋長頭腱炎の主な症状は、

肩を動かす時の痛みです。

痛みの重症度合により、

夜寝る前の痛みが強く出たり、

軽く触れただけで痛みが出る様になります。

人により痛み方が違ったりします。

 

原因

上腕二頭筋長頭腱炎は、

野球やバレーボール・水泳等の投球動作や

オーバーヘッド動作を繰り返し行うスポーツでよく発生する他、

中高年の人では、特に運動をしていなくても

肩関節周囲炎の一つの症状として発生する場合も多くあります。

 

治療

治療では、保存的治療が行われ、

アイシングや抗炎症剤などで痛みや炎症を抑える治療を行います。

また、可動域訓練や段階的な筋力強化訓練を

徐々に進めていく運動療法を行います。

強い痛みが落ち着いたら、肩の動きを良くする為、

むりのない運動を行います。

守谷市、取手市、つくばみらい市で膝痛でお困りの方は守谷市のすみれ接骨院まで

リトルリーガー肩

2019.01.25 | Category: ブログ,肩こり

スポーツ外傷  

リトルリーガー肩

今日はこの症状についてのお話です!

リトルリーガーという名の通り1015歳くらいの野球少年・少女に多く、その中でも特にピッチャーに多く見られる肩の痛みの症状になります。

成長期の子どもというのは、骨のつくりが大人に比べると柔らかいのでその時期に投球動作による過度の肩へのストレスにより起こる「疲労骨折」なのです!

骨折というだけあって最初の処置がとても重要になります。

とくに子どもの骨折はしっかり治療をしないと後々の運動障害にもつながります。

この時期の子どもというのはどうしても、「試合に出たい」「今休むとレギュラーをとられちゃう」などと焦りをもつお子さんが多いです。

この記事を読んだ親御さん、指導者の皆さんは肩の痛みを抱える子どもにしっかり気づけるようにしましょう!

 

ここに日本スポーツ医学会の推奨する投球制限数を記載して起きますので、ぜひご参考にした下さい。

 

小学生–50/日,200/週,練習は3時間/日まで

 

中学生–70/日,350/週,1/週以上の休み

 

とされています。

他にも色々な症状でお悩みの方は、ぜひご相談お待ちしてます。

                

           守谷市、取手市、坂東市で肩の痛みでお困りの方は守谷市のすみれ接骨院まで                                    

  年末年始の診療のお知らせ

2018.12.21 | Category: ブログ

 

12月30日(日)から、1月3日(木)まで

休診とさせていただきます。ご了承ください。

1月4日から通常通り診療しております。

お電話でのご予約もお待ちしております。

  

 

                  院長

 

 

                        

 

 

 

 

ドケルバン病

2018.12.13 | Category: ブログ

こんにちは!ワダです!

今回はドケルバン病について説明していきます。

母指(親指)を広げると手首(手関節)の母指側の部分に腱が張って、

皮下に2本の線が浮かび上がります。

ドケルバン病はその母指側の線である、

短母指伸筋腱と長母指外転筋が手首の背側にある、

手背第一コンパートメントを通るところに生じる腱鞘炎です。

 

原因…妊娠出産期の女性や更年期の女性に多く生じます。

手の使いすぎやスポーツや指を良く使う仕事の人にも多いのが特徴です。

 

診断…腫脹や圧痛があり、母指と一緒に手首を小指側に曲げると痛みがいっそう強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト変法)。
正しくは母指を小指側に牽引したときに痛みが強くなることで診断します(フィンケルシュタインテスト)などがあります。

守谷市、取手市、つくばみらい市で膝痛でお困りの方は守谷市のすみれ接骨院まで

変形性膝関節症

2018.11.24 | Category: ブログ,神経痛,腰痛

変形性膝関節症とは?

膝のこわばる感じを初めに感じる事が多く、長く正座したりあぐらをかいた後に立ち上がる際の痛みや、膝が伸び難いことがあります。

その後、症状は落ち着く事がありますが、

長時間の歩行動作で再び痛みが起こります。

多くの痛みは膝関節の内側、あるいは膝蓋骨(膝のお皿)の周辺にあり、膝の裏に緊張感がある場合もあります。

階段や坂道の昇降時にも痛みを感じます。

初期には関節可動域はあまり侵されないが、わずかに伸展と正座が制限される程度です。

圧痛は内側関節裂隙(膝関節の内側)、

関節に水が溜まると膝蓋跳動というものをテストにより証明する事ができます。

初期の特徴的な症状として、動作の開始時痛、動き始めの痛みがあります。

これが進行し階段の昇降時や正座時などの動作でも痛みが出てきます。

床生活文化の中で正座ができないのはなかなか辛いものです。

もしこのような違和感を感じたら早めにご相談下さい!

膝の安定性の確保と膝の関節可動域の改善を目的として、主に大腿四頭筋の筋力強化、柔軟性の回復等の治療を行いますので、早めの対応をオススメします。

守谷市、取手市、つくばみらい市で膝痛でお困りの方は守谷市のすみれ接骨院まで

地域ボランティア

2018.10.22 | Category: ブログ,産後骨盤矯正,神経痛,肩こり,腰痛,骨盤矯正

こんにちは。

朝晩ずいぶんと冷え込んできましたね。

 

昨日、公民館でボランティア講座を行ってきました。

これは、守谷市社会福祉協議会主催の市民健康講座のひとつで、

すみれ接骨院としては昨年、一昨年に引き続き、講演をさせて頂きました。

今回は、骨盤のゆがみについての講演とストレッチ指導、骨盤矯正の体験会を行いました。

多くの方にご参加いただきました。

終了後、身体が軽くなったと言ってお帰りになる方もいらして、スタッフも嬉しくなりました。

 

これからも地域のために行動し、

皆様に愛される接骨院でありたいと思います。

 

守谷市、つくばみらい市、取手市で

肩こり・腰痛でお悩みの方は

守谷市のすみれ接骨院へ。

LINEで気軽にご相談

すみれ接骨院への質問や相談はこちらのLINEに友達登録すれば当院のスタッフから詳しいお話を聞いていただけます!

など、そんなお悩みもLINEで話を聞いておくとイメージしやすいですよ!
ささいな相談でも歓迎です!ぜひお気軽に友達登録してメッセージください!