親指の痛みがある人は要注意!? | 守谷市口コミ上位のすみれ接骨院・そよかぜ接骨院

  • すみれ接骨院
    すみれ接骨院
  • そよかぜ接骨院
    そよかぜ接骨院

Blog記事一覧 > 未分類,産後骨盤矯正,肩こり,腰痛,骨盤矯正 > 親指の痛みがある人は要注意!?

親指の痛みがある人は要注意!?

2022.10.20 | Category: 未分類,産後骨盤矯正,肩こり,腰痛,骨盤矯正

こんにちは守谷市のすみれ接骨院・そよかぜ接骨院です!

「親指を広げたり力を入れたりすると親指が痛い」「何かを持つと手首が痛む」「産後から赤ちゃんを抱っこしていると手首が痛む」「親指が腫れていて痛い」このような経験はありますか?

そのような方はドケルバン病の可能性があります!

ドケルバン病とは狭窄性腱鞘炎と言われ親指の腱の通り道が狭くなり、動かしたときに痛みが出る腱鞘炎の一種です。
親指には短母指伸筋と長母指外転筋と言われる筋肉がありそれを繋いでる腱というものがあります。
この腱が腱鞘と言われる腱の通り道を通る際に起こる腱鞘炎です。

ドケルバン病の症状は上記で説明した腱鞘を通る2つの腱が炎症を起こし、動きが悪くなってしまうものです。
それにより親指側が痛くなったり腫れてしまうこともあります。

ドケルバン病の原因は手の使いすぎが一番多いです。
以前は美容師さんやピアニスト、大工さんなどの手をよく使う人が多いとされていましたが、最近ではスマホやパソコンを使う人が増えたこともあり多くの方が発症されています。
更には妊娠中、出産後の女性の方や更年期の女性に見られたりもします。
これに関してはホルモンバランスの乱れが原因とされています。
また姿勢が悪い方も注意です。
肩が巻き込んでいる巻き肩になってしまうことで前腕の筋肉をうまく使えていなかったり、手首の筋肉が固くなってしまいます。

ドケルバン病の検査方法は簡単なものなので一度試してください。
まず親指を内側へ倒して他の指で握りそのまま手首を小指側へ倒します。その時に親指の付け根に痛みが出るとドケルバン病かもしれません。
私もこの文章を書きながら試しにやってみましたがかなり痛いです。。
ドケルバン病の治療方法はまず安静にすることが一番です。痛みが引かない人には薬や注射が用いられることがあります。
放置してしまうと痛みの範囲が広がってきたり、痛みで手首・親指を動かせなくなってしまうケースも多いです。時間がっ立ってしまうと日常生活にも支障をきたす場合があるので早めに対処することをおすすめします。

守谷市のすみれ接骨院・そよかぜ接骨院ではまず痛みの原因である筋肉と腱を緩めていく治療と合わせて骨格や姿勢を整えて手首に負担のかからない体作りもおすすめです!
ドケルバン病でお困りの方がいたら悩まずにすみれ接骨院・そよかぜ接骨院に気軽にご相談ください!

ホームページ
(すみれ接骨院・そよかぜ接骨院)https://smr-group.jp/

インスタグラム

すみれ接骨院→https://www.instagram.com/sumiresekkotsuin/
そよかぜ接骨院→https://www.instagram.com/soyokazesekkotsu0601/

ライン 

すみれ接骨院→https://page.line.me/dol5044a?openQrModal=true
そよかぜ接骨院→https://lin.ee/TnMlEJF

LINEで気軽にご相談

すみれ接骨院・そよかぜ接骨院への質問や相談はこちらのLINEに友達登録すれば当院のスタッフから詳しいお話を聞いていただけます!

など、そんなお悩みもLINEで話を聞いておくとイメージしやすいですよ!
ささいな相談でも歓迎です!ぜひお気軽に友達登録してメッセージください!