むち打ち症 | 守谷市口コミ上位のすみれ接骨院

お問い合わせはこちら

Blog記事一覧 > ブログ,交通事故施術 > むち打ち症

むち打ち症

2020.02.20 | Category: ブログ,交通事故施術

今日は交通事故により起こってしまう事が多い、むち打ち症についてです。

むちうち損傷とは 交通事故における頚椎の損傷機序のこと。 頚椎の急激な過伸展、過屈曲による障害であり、骨折と脱臼を除く頚部の筋肉・靭帯・神経・血管などのさまざまな損傷が考えられます。

臨床的には『頚椎捻挫型』『根症状型』『頚部交感神経型』『混合型』『脊髄症状型』に分類することが多いです。

 

今回は『頚椎捻挫型』について説明します。 頚椎捻挫型 むちうち損傷の軽度のもので、約80%を占めます。

胸鎖乳突筋、前斜角筋、僧帽筋、菱形筋、棘上筋、棘下筋、大胸筋などの損傷や椎間関節の捻挫による痛み、圧痛、運動時痛がみられます。 (「寝違え」の症状に似ています。) 感覚の異常や、頭痛、項部痛、上肢疲労脱力感などの不定愁訴を主体とします。 数ヶ月にわたり症状が持続することもあります。

LINEで気軽にご相談

すみれ接骨院への質問や相談はこちらのLINEに友達登録すれば当院のスタッフから詳しいお話を聞いていただけます!

など、そんなお悩みもLINEで話を聞いておくとイメージしやすいですよ!
ささいな相談でも歓迎です!ぜひお気軽に友達登録してメッセージください!